ジョン・ケージの時間とリズム

481f177b.jpg演奏会(無料!)のお知らせです。
『ジョン・ケージの時間とリズム』
2007年11月10日(土)
15:00~、18:00~(2回公演・開場はそれぞれ30分前)
盛岡劇場・タウンホール
入場無料(整理番号あり)

衝撃作品「4分33秒」の作曲者としてよく知られるジョン・ケージですが、
「不確定性」や「偶然性」に突入する1950年代以前の作品はあまり知られる機会がありません。
本コンサートでは主に1940年代に書かれたさまざまなスタイルの佳曲を選曲しました。
あまりにもオリジナルすぎるジョン・ケージの世界に岩手大学教育学部音楽科の学生が挑みます。


出演
柿崎幸史/パーカッション
柿崎倫史/ピアノ
鹿糠朋加/ヴォーカル
新宮央子/ヴォーカル
高橋知子/プリペイド・ピアノ
高橋美織/ヴォーカル
名久井悠子/フォノグラフ
新山隆健/トイピアノ
明内泰詠子/パーカッション
板垣アヤ子(パーカッショニスト・岩手大学講師)/パーカッション
山本裕之(作曲家・岩手大学準教授)/解説
曲目
トイピアノのための組曲(1948)-toy piano
子供用玩具ピアノのための作品で、かわいい音色と不思議なメロディが満載です。
(1950)-voice, closed piano
ヴォーカル作品ですが、伴奏ピアノは鍵盤のフタを開けません。意外な楽器の使い方に注目。
18の春を迎えた美しい未亡人(1942)-voice, closed piano
ジョイスの「フィネガン前夜祭」の歌詞を切り刻んで使用しています。声楽パートはたった3つの音しか使っていません。
危険な夜(1943-44)-prepared piano
プリペアド・ピアノとは、ピアノの弦の間に様々な異物を挟んで、楽器そのものを全く別物に変身させてしまうケージが発明した技法です。実現困難なため生では滅多に聴けない、貴重な作品です。
フォーエヴァー・アンド・サンスメル(1942)-voice, 2percussion
打楽器ノイズとヴォーカルが拮抗する緊張度の高い作品です。
クレド・イン・アス(1942)-piano, audio, 2percussion
ピアノの他に空き缶、ラジオ、レコード等が使われるユニークな作品で、もともとはコンテンポラリー・ダンス用に書かれたリズミックな音楽です。流されるレコードには有名なクラシック音楽が使われます(2公演で違うレコードを用います)。

入場は無料ですが、会場客席数が少ないため整理番号制を取っています。
私か下記連絡先にアクセスして整理番号を手に入れていただければ優先的に会場に入場できます。
行こうと思った方は是非番号を入手してください。
その他詳しくは
岩手大学教育学部・作曲研究室(山本)
tel&fax
019-621-6564/hiroy@iwate-u.ac.jp
http://sp2.cc.iwate-u.ac.jp/~hiroy/cage.html

まで。

特に盛岡では滅多に聴けない曲ばかりです。
ぜひぜひ、足を運んでください!!!!!!

コメント

  1. 参加無料のイベントや入場無料のライブ・展示等、無料で楽しめるイベントを誰でも無料で告知できるサイトです。
    入場無料/参加無料等のイベントが有りましたらご利用ください。
    沢山の方に来場してもらえるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました