Long Walk – Francesco Tristano

ラジオっていうのは自分が選曲しないので(当たり前か)、まったく趣味に合わない時もありますが、新しい領域に出会える可能性も秘めています。
今回は運転中NHK-FMでかかってきたピアノ曲を聴いていて、「お。ゴルトベルクだー。」と意気揚々としていたのですが、とにかくピアノがすごい。きちっとコントロールされているし、クラシックではあんまり聴かれないような思い切ったタッチですっかり感服してしまったのです。これはCDを買おう、と。そして最後のクオドリベートの変奏を待っていたのですが、なかなか始まらない。あれー?と思っていたらなんとバッハのゴルトベルク変奏曲ではなくて、ブクステフーデの曲でした。これにも大変驚きました。
バッハが、ブクステフーデに深く影響を受けていた、ってお話は実は初耳で、こういう情報も一緒に届けてくれるのもラジオの利点ですよね。
バッハがブクステフーデの演奏会を聴きにながーい距離を徒歩で旅して「Long Walk」ってわけです。
5曲目が私が勘違いしたブクステフーデの「ラ・カプリツィオーサ」。新進気鋭のピアニスト、トリスターノの名演が聴かれます。ピアノの弦はこんなにもいろんな鳴り方をするのかと、再発見できました。

ロング・ウォークロング・ウォーク [CD]
アーティスト:トリスターノ(フランチェスコ)
出版:ユニバーサル ミュージック クラシック
(2012-12-19)

日本版がおすすめ。ライナー・ノートが勉強になるから。
ちなみに、このアルバムはバッハの旅になぞらえているコンセプト・アルバムのため、1枚を通してストーリー性を持っています。トリスターノ自身も作曲する方で、オリジナル曲も交えて。こちらはクラシック色は強くなく、また、曲によっては録音の作り方が大きく違うため、意見が分かれそう。私は雑食なので全然OKです。これからはクラシックの演奏家といえど、こういう挑戦的なアルバムが増えるかもしれませんね。

Theo Bishopが新作!

私が遥か東洋の地で応援している米国のレーベル「NativeLanguage」ですが、どうも最近動きが鈍く、もうこのまま消え去るのか…と危惧しておりました。

が!

ここにきて、SmoothJazzピアニストのTheo Bishopの新作がリリースされるとのニュースが!おおお!!!
Theo Bishop
Time to Think
theo
セオ・ビショップは2005年にNewport Nightsという快作を発表してからもう8年。長かったなぁ~。
セオだけでなく、このレーベルはもう10年来のファンなので嬉しい限り。看板娘のサラ・ガザレクが移籍しても(泣)めげずに頑張ってくれました。

と、いうことで平成24年度も今日で終わり。明日からは新生活スタートということで、私もこのウェブもより一層充実させていきたいと思っています。とりあえずは今回のように、日本であんまり認知されていないせまーいSmoothJazzの世界を皆さんにご紹介できればいいかなと思っています。それからジャンルがぶれがちな自分の音楽活動もSmoothJazzにシフトしていきたいです。
それでは来年度もよろしくお願いいたしますー!

Know What I Mean

長らく更新してませんでしたが、こんなときだからこそ淡々とレビューでも…
Know What I Mean
Know What I Mean
大好きなキャノンボール・アダレイ名義で、ビル・エヴァンスと一緒にやっているアルバム。これに出会ったのは2年前の秋で、岩泉町に住んでいる時でした。通勤時間もそこそこ長く、ずーっとこれを聴いていた記憶があります。去年、それから今年と秋といえば聴きたくなるアルバムになりました。

キャノンボールの紡ぐ上質なラインに、エヴァンスの耽美的なバッキングが深く鳴るんです。超有名曲から始まりますが、私はこのテイクが一番好き。Who Caresが2テイク聞き比べられるのもオイシイです。6.のToyでは底抜けに明るいアルトが堪能できますし、8.のNancyは晩秋の午後の空を思わせる適度な憂鬱さ。タイトルチューンはエヴァンスのオリジナルですが、前衛的なジャケットと相まってきちんと頭を使わされます。
入門盤としてもいいと思います。ぜひどうぞ。

合唱コンクール

ボブ・チルコットのジャズミサ(A Little Jazz Mass)の伴奏をしています。トリオで。
出会いは2009年2月の宮古木曜会合唱団で、続いて今年7月の盛岡四高とやりました。
それに加え夏から盛岡市立城西中学校の特設合唱部とジャズミサを一緒に取り組んでいます。こちらはコンクールの規定上ピアノのみです。
楽譜には一応オタマジャクシは並んでいますが、作曲者からの指示で楽譜はガイドとして扱うこと、とあるためアドリブてんこもり。特にグローリアは目立ちますので、本番を終えるたびにハードルが上がる設定です(笑)

そしてこのたび、全日本合唱コンクールにて東北大会を金賞で通過しまして、初の全国出場を決めました!!

と、いうことで来月末に神戸に行ってきます。大舞台だぁ~!

どこぞの掲示板ではチラチラ私の話題も出ていたりしたので、ホクホクです。
ちなみに私はジャズは趣味で、本業は音楽の先生ですからね!

SmoothVamps Jazz live at Country’s Cafe “Maiden Voyage”

sv20100320

インフルで前回延期となったライブのリベンジです!
「宮古初ライブ」ということで「maiden voyage」処女航海と名づけてみました。
とにかくグルーヴィーに!初めての4人なので今から楽しみです。リハーサルの段階では新境地を見ました。


SmoothVamps JAZZ LIVE at Country’s Cafe
“Maiden Voyage”
~処女航海~
2010 3/20 18:00~
charge ¥2,000(高校生以下¥1,000)
prestented by SmoothVamps
柿崎倫史(pf)
三ヶ田伸也(b)
柿崎幸史(dr)
荒関忠之(sax)

問い合わせ:
カントリーズカフェ
0193-64-3451

みなさま、是非いらしてください☆

オーケストラ・アンサンブル金沢盛岡公演H.リリング指揮J.S.Bach 「ミサ曲ロ短調」

私が所属する合唱団「盛岡バッハ・カンタータ・フェライン」が合唱を務めます!
なんと世界的なバッハ指揮者であるリリングが来日。そして指揮活動は来月で引退とのことなので、見納めになるかと思います。
日本でもトップレベルのオーケストラと、世界的指揮者の共演ですよ。
ぜひ足を運んでみてください!!

img
2010年1月31日(日) 15時開演 (14時15分開場)
盛岡市民文化ホール(マリオス)大ホール
S席:5,000円(指定席)
A席:4,000円(指定席)
B席:3,000円(自由席)
指揮:ヘルムート・リリング
ソリスト
佐竹 由美 (Sop.1)
沓沢 ひとみ(Sop.2& Alt.)
鈴木 准  (Ten.)
浦野 智行 (Bas.)
管弦楽
オーケストラ・アンサンブル金沢
合唱
盛岡バッハ・カンタータ・フェライン
仙台宗教音楽合唱団
 (合唱指揮:佐々木 正利)
曲目
J.S.バッハ作曲 ミサ曲ロ短調 BWV232
J.S.Bach Messe in h-moll BWV232
主催
財団法人石川県音楽文化振興事業団
IBC岩手放送
後援
岩手県教育委員会、盛岡市教育委員会、(財)盛岡市文化振興事業団
岩手県合唱連盟、岩手日独協会、岩手日報社、(有)盛岡タイムス社
プレイガイド
盛岡:大通佐々木電気、カワトク、アネックスカワトク、フェザン
    プラザおでって、マリオスインフォーメーション
北上:さくらホール
連 絡 先
TEL:019-661-1614
FAX:019-661-1614
盛岡バッハ・カンタータ・フェライン
Eメール rilling_h-moll@mbkv.jp

直接私にご連絡くださってもOKです!
合唱団も気合いが入ってますよ!!!
でもめちゃめちゃムズい…(泣)

ピアノ・プローべ終了!

92605df6.jpg

先ほど、リリング先生のピアノ・プローべが終了しました!
結構な音楽的サプライズもあり、今から本番が楽しみです。
リリング先生は暗譜のまま小節番号を指定する強者です。さすが巨匠!

リリング先生盛岡着!

先ほどリリング先生が盛岡に着きました!
お出迎えメンバーの中には金沢での本番にも乗った人がいっぱいいましたが、私は初対面!
オーラを浴びてきましたよー!
明日のピアノプローべが楽しみです。

リリング先生来盛

いよいよ!ヘルムート・リリングが盛岡に来ます!
今日来ます!
CDを買ったり、お客さんとして演奏を聴いたりしてるときにはさておいて、合唱の一員で指揮者としてお迎えするのですから、「リリング先生」と呼ばせていただきます。
今日が来盛、明日がリリング先生のピアノ・プローベ、あとは日曜のゲネプロ・本番と続きます。土曜には仙台公演もあるので、なんとも過密スケジュールですね。
逐一報告いたします☆

Play On/Carry Underwood

Play On
Carrie Underwood
B002DYJAIY

今まで私が「洋楽」としか思っていなかった「元気が出る感じ」。
これもカントリーなんですねぇ。確かにロックテイストの中にフィドル(バイオリン)やバンジョーが入ってます。曲によってもだいぶ印象が違います。このアルバムではいろんな顔を見せているようで、次は彼女の「どカントリー」を聴いてみたいですね。
カントリーズカフェで「最近はカントリーもいろいろあるからねぇ」と聞いていて、あれ、ひょっとして洋楽の好きな感じはカントリーだったのか?と、気になっていたジャンルでした。
本格的に手を出してみようかな?

昨日の車内で聞いたFMでも「テイラー・スウィフト」の特集で、これもまた私の好みをくすぐります。
Taylor Swift
Taylor Swift
B0014I4KH6

それにしてもやはりNHK-FMは必要ですよ!「4曲続けて、お聴き下さい」なんて言われたらテンション上がります!