訃報…

指揮者の岩城宏之さんが亡くなりました。。。
昨年末のベートーヴェンの交響曲全部やった時のドキュメントを見て、密かに応援していたのですが、残念ですね。OEKとかの後任はどうなるのでしょうね。「時代」の境界な気がします。

さらに!ベーシストの青木智仁さんも亡くなったそうです。

ベース奏者の青木智仁氏が死去
 青木 智仁氏(あおき・ともひと=ベース奏者)12日、急性心不全のため死去、49歳。告別式の日取りなどは未定。喪主は妻、文江さん。

 渡辺貞夫グループなどジャズ・フュージョン界を中心に活躍した。

青木さんは、本田雅人バンドのベーシストでもありました。
ソロアルバムも持ってるぐらいのファンです。
こちらも非常に凹みますね…。
日本は負けるし。まったく。

最近ハワイが熱い!!気がする…

昨日から発熱してしまい、一日臥せっていました。
一応インフルエンザではないみたいです。風邪、流行ってるのかな?
それでも私はバイトに行きましたよ。キツかった…。
バイト先は本屋なんですが、最近ハワイ関係のもの、良く見ます。
と思ったらテレビでも特集してたり、エスクァイアでも全面に押してたりします。
ハワイには中学のときに行きましたが、確かにリゾートとしての価値は高いですよね。
ここ最近の人気は何が発端なのか気になるところです。
Esquire (エスクァイア) 日本版 2006年 07月号 [雑誌]

さて、唐突ですがハワイと共に、最近良く見聞きするのが「ローハス(ロハス)」というフレーズ。
ちょっと調べてみたら

LOHAS= Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、健康と環境、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル「LOHAS」ローハス(ロハス)のことです。
LOHASは1990年代の後半にアメリカの中西部、コロラド州ボールダー周辺で生まれた新しいビジネス・コンセプトです。ボールダー周辺には、地球環境問題や農薬汚染の問題に危機意識を持ち、オルタナティブな生き方やLOHASな事業を始めた人たちが誕生しました。
国の政策と地球環境の持続性に危機感を持つ、社会企業家やクリエイティブな人たちがビジネスを通じて新しいパラダイムの創造を志した、これがLOHASの源流です。
ローハスクラブより引用

ということらしい。
なるほど、本来の意味からすると日本のメディアが発信している「ローハス」は少し二次的なようですね。
あくまで、ライフスタイル、そのものの方向性を表す概念みたいなもの。(だと思う)
流行を追うのはあまり好きじゃないけれど、本屋で仕事すると、こういう気になるコトバに会えるので、私的にメリットがあります。
ちなみに今、人手不足です。募集中です。
だから風邪引いても抜けられんとです。