光の道とDTI

お久しぶりです。

ソフトバンクの孫社長がしきりに提唱している「光の道」という計画があります。

「光の道構想」支持派の孫社長の主張は、「現在ある6,200万の固定回線をすべて光回線に」しようというもので、税金をまったく使わず、民間企業により5年で実現が可能で、光回線の価格も現在のメタル線と同じ1,400円で提供できるとした。さらに「ADSL以下の値段で光BBの提供」「電子教科書・カルテの無料提供」「従来利用の電話の継続利用」なども併せて実現できると主張した。低価格で光サービスを提供できる理由としては、維持費のかかるメタル回線の完全撤去により、現在光とメタル合わせて年額1兆700億円の維持費を、約5,000億円削減できる点を挙げた。~(以下省略)
RBB TODAY孫社長×池田氏――光の道対談まとめと一問一答」より転載

実はこの「電話回線を光ファイバーに」という計画はかなり昔からじわじわとNTTは進めていたようで、今に始まったことではありません。なにより、私の実家周辺は電話線が光ファイバーです。
ブロードバンド普及が叫ばれ始めた2002年、4月に私は大学生になり、我が家にも高速のインターネット回線をとNTTにADSLの申し込みをしました。
エリア内には入っているのですが、窓口の人はなんだか歯切れが悪い感じで、何度も粘って聞き出したのは「お宅の地域は電話線がメタルではないので、ADSLは無理」そして「Bフレッツはまだ提供できません」ということでした。
「Bフレッツが提供されはじめたら、すぐ導入します!」と半ば強引にその場は収めたので、提供開始の2002年8月23日(忘れもしない)に岩手県で二番目に我が家には光ファイバーでインターネットに繋がる環境ができたのでした。ちなみに岩手で一番はマリオスだそうです。

さて、そんな我が家にこの前一本の電話が。

“光の道とDTI” の続きを読む