東日本大震災 その時(3/13) – Part 2

3月13日午後。前日から宮古に入った私は、祖父母の安否を確認に行くことになりました。
クルーは義理の弟君と私。その当時は田老の被害がもの凄いことになっているという情報はあまり入ってきていませんでした。テレビ・ラジオでは「壊滅状態」と報じられていましたが、堤防もありますし、何度も訓練していた様子も知っていましたから、町がどうあれ祖父母は逃げているだろうと踏んでいました。つまり、私の認識では「逃げれば助かる津波」だと思っていたのです。今考えると驚きですが。高浜地区が意外にも家が残っていたことも油断した一つの要因です。
田老は柿崎一族が住まう土地。
ここでも国道45号線は通れないことが予想されたので、宮園団地の奥から箱石、佐羽根を通る山道を行く作戦。

グネグネの道を通り、途中かなりの悪路もありましたが、無事佐羽根から田老の水産加工団地付近に着きました。しかし防災無線で、田老の町には津波の恐れがありまだ入れないとのこと。その場に居合わせた覇気溢れる勇者的な男性と、魔法使い的な老人とパーティを組みました。四人で協議の結果、来た道をちょっと戻り、小田代温泉方面から宮古北高校までとりあえず行くことに。妄想の設定ですが私は僧侶。北高まで行けば何かしら情報はつかめるであろうということです。
来た道を引き返し、またちょっとグネグネ道です。無事宮古北高につきました。
宮古北高は避難所になっており、さまざまな人でごったがえしていました。高校生が高校の先生であろう人の指示で色々動いていました。こんな時は教職員は実動部隊にならざるを得ないのですね。ここで、田老の避難者リストを見ることができました。おばあちゃん以外の一族の名前を確認。おじいちゃんの名前を見つけ喜んだのですが、しかし、おばあちゃんの名前は何度探してもありません。混乱しているようだったので、リストも完璧ではないはず。把握されていない避難者もいるはず、と自分に言い聞かせました。
web

津波の危険のため、しばらく北高で足止めでしたが、意を決して三鉄の線路まで行きました。道路は通れないので、みんな張ってあるロープをつたって線路まで上がり、町の中に向かっていました。
web-1

避難者名簿によるとおじいちゃん達がいるのは田老総合事務所(旧役場)。線路から民家に伝って寺→墓→事務所のルート。すぐ下までガレキの山です。
避難所に入ると、ここでも人がたくさん。そこで、医療チームの後ろに見慣れた頭が。おじいちゃん発見です!
津波の時は肺炎で病院に入院していて、避難は看護婦さんの誘導でしたので助かったとのこと。「おれが家に寄って、声かければ母やんも助かったのに…」とひたすら自分を責めます。泣いていました。初めて見たかもしれません。私としてはまずはおじいちゃんが生きていて嬉しかった。
「これからしばらく盛岡に住めばいいよ。明日また来るから!もうちょっと頑張ってね」と言い残し、暗くなりかけだったので避難所を後にしました。避難所を出ようとした時に田老診療所の黒田先生に「カズアキさん(祖父)は早くつれてかえってくれれば助かります。家が気になるようで、夜に外に出ています。」とのこと。まだまだ若いと思って動いちゃうんですね。 ハタから見たら老人の深夜徘徊です。おそらく、一族全員近いうちに盛岡につれていきます、お手数おかけしてすみません、と伝えました。
帰りも線路を歩いて車へ。もうかなり暗くなってきていました。
おばあちゃん、やっぱり流されてしまったんだろうか。頭のなかはそのことばかり。

車まで戻ったら国道45号線は普通に通れるんじゃないか?と義弟と話しになり、ものは試しと45号線に突入したら、通れた(笑)あの行ったりきたりはなんだったんだ(笑)
途中で、ヒッチハイクをしていた田老のガソリンスタンドの店員のおじさんを崎山まで乗せました。「無事なタンクがあったら少しでも燃料必要だろうから店の片付けを…」偉いなぁ。「頑張りましょう!!」と行って別れました。
その後、昨年まで臨時教員をしていた崎山中に。職員、生徒とも全員無事。本当に良かった。高台ですからね。親しかった事務君も元気で、ホッとしました。なんにせよ、水が出ないのが大変だそうです。明日水を持って崎山に行くことが決定。
それから義弟の知人を探しに磯鶏小と宮古商業を回りました。磯鶏小では空振り。宮古商業でビンゴ!義弟は大変うれしがっていました。こんな時だからこそ、無事が嬉しいですよね。
行きつけだったラーメン屋「宝介」が反対車線に移動してしまっているのを「うわー」と見ていたら、なぜか道路にアルマジロの模型が!!義弟は急ハンドル!!悪質ないたずら!?とも思いましたが、あれには笑った!!「ぜってーわざとっすよ!!!」「だよねー!!!!」と騒ぎながら帰路についたのでした。

帰ってから盛岡の実家に連絡し、やはり一族は盛岡に置く方向で。宮古の関係各位には連絡のしようがないけど、避難所にいるよりはなんぼも良いだろうということ。

体はどっしりと重く、頭はショックと興奮でぐちゃぐちゃです。
怒濤の震災三日目はこのように過ぎたのでした。

東日本大震災 その時(3/13) – Part 1

この日は義弟のご両親の安否確認に行きました。
45号線は通れないので、宮古市八木沢の奥から金浜地区の裏まで車で行って、そこから高浜地区まで山越えをする、という作戦。水やらオニギリやらをリュックに詰めて、義理の弟君といざ突撃です。
金浜の裏に着いたのが8時ごろ。あのあたりは高台なので無事な家がちらほらありました。が、歩くにつれて金浜地区の被害の甚大さが目に入りました。本当に信じられない光景。 web

弟くんは「うわー…」と言葉を失っていました。彼にとっては小さい頃から親しんだ地区です。すれ違う人たちも知り合いがチラホラいたみたいです。
被災の現場はテレビ伝わらない部分が多いです。アブラと潮の混ざった濁った匂い。泥まみれのぬいぐるみや生活用品など一つ一つに人の影が見て取れます。きついです。
web-1

集落の左端から山に入り、まずはちょっと山越え。それから高浜小学校付近に出ました。福祉センターが避難所になっており、弟君は何人かの同級生と無事である喜びを分かち合っていました。

小学校の裏からいよいよ山越え。途中で道を見失い竹やぶに捕まったりしましたが、なんとか高浜地区に到着。目印であるお墓にたどり着いた時は二人で歓声を上げましたよ。大変だった!弟君は自分の家のお墓に手を合わせました。しかし、こういう時に体力って必要ですね。自分の体力の無さで弟くんの足を何度も止めてしまいました。無念。

さて、高浜地区は残っている家屋があるものの、やはり大変な被害です。
web-2

まずは高台にある彼のおじいさんの家に行きました。そこにいると思ったのですが、ご両親は下の方にある家の掃除をしているとのこと。さっそく行ってみると、泥を掻き出す作業をしていました。弟くんはほっとして思わず涙。まずは本当に良かった。

彼の家は無事残っていて、それでも中は泥まみれ。この泥がくせもので、油やら海水やら汚水やら混ざっていてかなり大変なんです。一階部分は家電なども使えない状態なのですが、二階部分は使えるとのこと。たくましい!。
畳をあげたりとお手伝いして、おじいさんの家でごはんを食べて帰りました。帰りに判明したのは、徒歩でなら45号線が通れたこと(笑)山越えする必要無かった…。
堤防を歩きながら海岸の被害を見ていきました。やはりひどい。
web-3web-4web-5

金浜まで行き、ちょっと山を歩き、車に着きました。
一度妻の実家まで戻り、さらに腹ごしらえ。この時点で午後2時ぐらいだったので、午後は私の祖父母の家がある田老に行くことになりました。
長くなるので、Part2に続きます。

東日本大震災 その時(3/12)

土曜日の朝。地震が無かったら卒業式の予定でした。熟睡できるわけもありません。
内臓が変な感じがしていました。
車に行きテレビを見ると、津波の映像がわんさか出ていました。これからの勤務もどうなるか分からないのですが、いずれ早く安否の確認に行きたいところ。
卒業式の日なので、普通に出勤日です。出勤し、前日の打ち合わせ通り卒業式延期のお知らせを各家庭にしなければなりませんが、電話が不通。家庭訪問しかありません。卒業式は委員会との確認で15日に内定。
この時既にガソリンの問題が発生する先生もいました。ちょうど給油しようと思っていた人はあまり車を動かせません。私は満タンに近かったので車を出しました。
先輩の先生を乗せて山深い生徒のところへ。学区が広くて大変です。
途中IBCラジオでは被害のすさまじさが伝えられます。「屋上で取り残されている」等の情報も。
家庭訪問がすべて完了したのは14時ごろ。携帯のメールがかろうじて繋がる状態だったので、妻とやりとりし、宮古の妻の実家に待避することになりました。あちらでは水が出ないということで、小川の商店で「龍仙洞の水」をハコ買いして、15時ごろに岩泉のアパートに帰宅。
ビニール袋にも水を詰めて、その他着替えやら何やら詰め込んで宮古へ発ちました。
小本は津波にやられていると思い、岩泉から押角峠を越えて和井内を抜け、茂市に出ました。
今思うとこの道があったから私たちは岩泉脱出ができたのでした。
妻の実家は旧新里村と旧宮古市の境のあたり。内陸のため津波の被害はありません。
夕方に到着。家には
義理のおばあちゃん、義理の母、義理の妹(妊娠中)、義理の弟(宮古出身)、姪っ子(1歳)とチワワのウィンと亀のロッキーがいます。
まずは多くの人がいるところに来て、ちょっとホッとしました。食料もたんまりあるし。
義理の弟は沿岸部の高浜地区出身で、ご両親と連絡が取れなくなり、心配していました。「高台の高浜小学校まで津波が来た」という情報が入りいてもたってもいられなくなり、「今から探しに行く!」と
出発準備を始めていましたが、「一人では行くな」とみんなで制止。暗くなりますし、どんな状況か分かりません。明日朝に私と捜索に行くことにしました。
そんな中、義理の母が近所の人から「高浜と金浜の人は、河南中学校と花輪の伝承館にいる」という情報をゲット!
そこなら内陸ですから、安心。ということで私と弟とで、車を飛ばし早速そこに向かいました。
まずは河南中学校に。電気もついていない。水も出ない環境劣悪な状態。人はぎゅうぎゅう詰め。探しましたがいない。
小山田の親戚の家にいるのでは?と思い寄ってみたが、そこでも情報なし。
最後の頼みで、花輪の伝承館に。するとそこに金浜の親戚(彼のお母さんの妹家族)がいた!
話を聞くと、ご両親は津波の後に高浜のとなりの金浜まで歩いて来ていたことが判明。生きていました!まずは一安心!!!
伝承館では飲み物などが足りないとのことで、妻の実家に一度戻り、彼と義理の妹がペットボトルやお菓子などを配給。ひとしきり無事を喜びました。

13日は河南の奥まで車で行き、金浜から徒歩で山を越えて、高浜のご両親を確認しに行くことになりました。国道はやられたらしいとのこと。
ロウソクでの夜でしたが、人が多いだけで安心。リビングに布団を敷き、またも余震に揺られながらみんなで寝ました。

東日本大震災 その時(3/11)

あの時。
私はその時講師をしていた岩泉町の小川中学校に勤務していました。生徒数は全校生徒60余名。
“2011年3月11日14時46分”は翌日予定されていた卒業式の予行をしていました。
一通りの練習が終わり、休憩を取って、さて後半というところで地震は来ました。
司会役の教務主任の携帯で緊急地震速報鳴り始め、その聞き慣れない音がマイクを通して体育館中響きました。程なく揺れ始め、出口に近い私はダッシュで扉を開けに走りました。混乱する生徒に向かって教務主任もマイクで「逃げろ!」と叫びました。
生徒達は速やかに避難。訓練の甲斐あり、立派でした。
外に出ても揺れ続ける地面に泣き出す子も。妻からは「死ぬかと思った!」というメールが。つまりは生きてるってことで、安心。地震直後はこうしてiPhoneも使えたのでした。
Twitterでお台場が火事だとか、地割れが起きたとか情報を見ましたが、その時を最後にiPhoneは使えなくなりました。
しばらく外で待機していました。校舎に戻ろうとすると強い余震でなかなか生徒を入れられないのが困りました。
程なく全員下校させることとし、何人かを車で送りました。
車内でIBCラジオを付け、そこで初めて津波が来たことを知りました。沿岸部は壊滅的…
たくさんの身内や仲間が海沿いにいます。心臓の鼓動が速くなるのを感じました。
生徒を全員帰し、状況がどうなるか分からないので、指示が下るまで待機となりました。
電気と水道は使えず、暗闇の中、暖炉に火をともして妙なテンションで語り合いました。
山間の学校なので、まさか沿岸があんなことになっているとは思いもしなかったのです。

上司が教育委員会から帰ってきましたが、本部も大混乱のようで、卒業式どころではない、とにかく延期ということになりました。
そこで、翌日は生徒の安否確認と延期の連絡をするということになりました。
実は田老の祖父母や親戚が気がかりでしたが、たぶん大丈夫だろうという根拠の無い思いがありました。
20時ごろ帰宅、妻は無事でした。本棚やその他が倒れてくるかもしれないので、ソファをあてがったり妻も大変だったようです。電気はつきませんので、真っ暗。ロウソクも余震がくる度に吹き消してました。結婚式のメインキャンドルが活躍。
幸せなことに水は出ました。さすが水の町です。そしてガスも大丈夫だったため、お湯を沸かすこともできました。カップラーメンを食べましたが、興奮と緊張のため味が良く分かりません。
今まで食べた中で一番美味しくないカップラーメンでした。
妻の車ではテレビが見られるので、そこで津波の映像を初めて見ました。見てしまいました。
非現実な世界に突然放り込まれたような、まるで夢を見ているような感じ。
おじいちゃんとおばあちゃんなら首尾良く逃げているでしょう。大丈夫。と自分に言い聞かせました。
その日は余震に揺られながら就寝。