Jim Hall And Pat Metheny

暗いジャズが好きです。
出会いっていうのは音楽の嗜好にとっても影響を与えるもので、私の場合は中学三年生の時にNHK-FMで聴いた渡辺香津美と中川昌三のデュオ。チックコリアの「スペイン」です。
その心地よい「暗さ」が今でも大好きです。

去年の夏ごろからジム・ホールは聴き始めました。これもNHK-FMがきっかけだったような。肌に合うダークな音色とアプローチで、瞬く間にファンになりました。
音楽が否応なく有機的になるデュオってこと、それから大好きなパット・メセニーと共演していることもあって聴く前からアタリ感満載でしたが、やっぱりすごくよかった!!
Jim Hall & Pat MethenyJim Hall & Pat Metheny [CD]
アーティスト:Jim Hall & Pat Metheny
出版:Nonesuch
(2011-11-07)

録音は1998年。奇しくもジャズと出会った年だ。
ジャカジャカ弾いてアグレッシブな場面もありますが、大半はお互いの弦の振動を確認していくような…つぶやきのやりとりのような落ち着いた内容。ライブのようで、拍手もあり。その場にいたかった。
スタンダードからオリジナル、果てはインプロヴィゼーションもありますが、このアルバムの魅力は曲単位に見いだせません。聴けば聴くほど深さがある。二人が瞬間的に反応しあう様子が分かります。他人の会話を聴いていて心地よいのは、なんででしょう???
暗いけど、最後の拍手の後また最初から聴きたくなる名演です。

In the Sprit of Jobim – Brian Bromberg

SmoothJazz.comを聴いていたらウッド・ベース一本の「One Note Samba」が流れてきて「すげー!」と思って買いました。
ベースが好きな私ですが、何でも弾きこなすブライアン・ブロンバーグの作品は初めてです。コレがまた大当たり!
ジョビンの佳曲とブロンバーグのオリジナルで綴られる、とっても爽やかな作品ですよ。「One Note Samba」目当てで買ったけど、ジョビンのアレンジものよりブロンバーグのオリジナルが光っているような。全曲通してラグジュアリーなストリングスがたっぷり。ベースソロはさすがのテクニックです。
オススメは3、7のあたり。
In the Spirit of JobimIn the Spirit of Jobim [CD]
アーティスト:Brian Bromberg
出版:Artistry Music
(2012-07-17)

これをBGMに来月の宿泊研修の準備がんばります!!海に行くし!!